成果

    領域研究者の皆様へのお願い

    本領域に関係する(本領域の助成を受けた)研究の発表に際しては、以下の謝辞(Acknowledgement)を必ずどこかに入れるようにしてください。

    • 【和文】本研究は科研費新学術領域研究No.XXXXXXXX(8桁の課題番号)「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築―多文化をつなぐ顔と身体表現-」の助成を受けたものです。
    • 【英文】This work was supported by Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas No.XXXXXXXX (8 digits project code) “Construction of the Face-Body Studies in Transcultural Conditions”.

▼論文    ▼著書    ▼招待講演    ▼受賞    ▼新聞報道・メディア・アウトリーチ等

論文

  • 床呂郁哉・河合香吏(2019)「新たな「もの」の人類学のための序章―脱人間中心主義のための可能性と課題」床呂郁哉・河合香吏編『ものの人類学2』京都大学学術出版会1-25
  • Tokoro I, Kawai K. (2018) Why the Anthropology of Mono (Things)? in Tokoro I, & Kawai K.(eds.) An Anthropology of Things, Kyoto & Balwyn North Victoria: Kyoto University Press & Trans Pacific Press, 18-34.
  • Yoshida Y. (2018) Masks as Performers: Topeng, a Balinese Masked Dance Drama in Tokoro I, & Kawai K.(eds.) An Anthropology of Things, Kyoto & Balwyn North Victoria: Kyoto University Press & Trans Pacific Press, 155-170.
  • Nishii R. (2018) Muslim Face-veiling in the Da’wa Movement-Mae Sot as Living Space. in Tokoro I, & Tomizawa H. (2018) Islam and Cultural Diversity in Southeast Asia(Vol.2): Perspectives from Indonesia, Malaysia, the Philippines, Thailand, and Cambodia, Tokyo: Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa(ILCAA), Tokyo University of Foreign Studies (TUFS).
  • Takahashi K, Oishi T, Shimada M. (2017) Is ☺ Smiling? Cross-cultural Study on Recognition of Emoticon’s Emotion. Journal of Cross-Cultural Psychology, 48 (10), 1578-1586.
  • Tsurumi S, Kanazawa S, Yamaguchi MK, Kawahar J. (in press) Rapid identification of the face in infants. Journal of Experimental Child Psychology.
  • Ichikawa H, Nakato E, Igarashi Y, Okada M, Kanazawa S, Yamaguchi MK, Kakigi R. (2019) A longitudinal study of infant view-invariant face processing during the first 3-8 months of life. Neuroimage 186, 817-824.
  • Sakuta Y, Kanazawa S, Yamaguchi MK. (2018) Infants prefer a trustworthy person: An early sign of social cognition in infants. PLoS ONE 13(9), e0203541.
  • Ujiie Y, Yamashita W, Fujisaki W, Kanazawa S, Yamaguchi MK. (2018) Crossmodal association of auditory and visual material properties in infants. Scientific Reports, 8, 9301.
  • Nakato E, Kanazawa S, Yamaguchi MK. (2018) Holistic processing in mother's face perception for infants. Infant Behavior and Development 50, 257-263.
  • Kobayashi M, Macchi Cassia V, Kanazawa S, Yamaguchi MK, Kakigi R. (2018) Perceptual narrowing towards adult faces is a cross-cultural phenomenon in infancy: A behavioral and near-infrared spectroscopy study with Japanese infants. Developmental Science, 21(1), e12498.
  • Ichikawa H, Kanazawa S, Yamaguchi MK. (2017) Infants recognize the identity in a dynamic facial animation that simultaneously changes its identity and expression. Visual Cognition, 22, 156-165.
  • Murakami T, Abe M, Wiratman W, Fujiwara J, Okamoto M, Mizuochi-Endo T, Iwabuchi T, Makuuchi M, Yamashita A, Tiksnadi A, Chang FY, Kubo H, Matsuda N, Kobayashi S, Eifuku S, Ugawa Y. (2018) The Motor Network Reduces Multisensory Illusory Perception. The Journal of Neuroscience 38(45): 9679-9688.
  • Fujiwara J, Usui N, Eifuku S, Iijima T, Taira M, Tsutsui K, Tobler PN. (2018) Ventrolateral Prefrontal Cortex Updates Chosen Value According to Choice Set Size. Journal of Cognitive Neuroscience. 30(3): 307-318.
  • Kato S, Fukabori R, Nishizawa K, Okada K, Yoshioka N, Sugawara M, Maejima Y, Shimomura K, Okamoto M, Eifuku S, Kobayashi K. (2018) Action Selection and Flexible Switching Controlled by the Intralaminar Thalamic Neurons. Cell Reports 22: 2370-2382.
  • Kitayama S, Varnu, MEW, Salvador CM (2019) Cultural neuroscience. In D. Cohen & S. Kitayama (Eds.) The Handbook of Cultural Psychology, 2nd Edition. Guilford.
  • Miyamoto Y, Yoo J, Levine CS, Park J, Boylan JM, Sims T, et al. (2018) Culture and social hierarchy: Self- and other-oriented correlates of socioeconomic status across cultures. Journal of Personality and Social Psychology 115(3): 427–445.
  • Chopik WJ, Kitayama S. (2018) Personality change across the life span: Insights from a cross-cultural, longitudinal study. Journal of Personality 86(3): 508-521.
  • San Martin A, Sinaceur M, Madi A, Tompson S, Maddux WW, Kitayama S. (2018) Self-assertive interdependence in Arab culture. Nature Human Behaviour 2: 830-837.
  • Yu Q, Abe N, King A, Yoon C, Liberzon I, Kitayama S. (2018) Cultural variation in the gray matter volume of the prefrontal cortex is moderated by the dopamine D4 receptor gene (DRD4). Cerebral Cortex 11(6): 805.
  • Kitayama S, Yanagisawa K, Ito A, Ueda R, Uchida Y, Abe N. (2017) Reduced orbitofrontal cortical volume is associated with interdependent self-construal. Proc. Nat. Acad. of Sci. 114(30): 7969-7974.
  • Nguyen ATT, Palmer CJ, Otsuka Y. Clifford CWG. (2018) Biases in perceiving gaze vergence. Journal of Experimental Psychology: General 147(8): 1125-1133
  • Otsuka Y, Clifford CWG. (2018) Influence of head orientation on perceived gaze direction and eye-region information. Journal of Vision 18(12): 1–22
  • Matsuyoshi D, Watanabe K. (2018) Intrinsic equivalence between developmental prosopagnosia questionnaires. bioRxiv, 267351.
  • Nakamura K, Watanabe, K. (in press) Data-driven mathematical model of East-Asian facial attractiveness: The relative contributions of shape and reflectance to attractiveness judgements. Royal Soc. Open Science.
  • Abe MO, Koike T, Okazaki S, Sugawara SK, Takahashi K, Watanabe K, Sadato N. (2019). Neural correlates of online cooperation during joint force production. NeuroImage, 191: 150-161.
  • Ueda H, Yamamoto K, Watanabe K. (2018) Contribution of global and local biological motion information to speed perception and discrimination. Journal of Vision, 18 (3) 2
  • Takao S, Murata A, Watanabe K. (2017) Gaze-cueing with crossed eyes: Asymmetry between nasal and temporal shifts. Perception. 42(7): 150-170.
  • Kawahara M, Yamamoto HW, Tanaka A. (in press) Language or appearance? The trigger of the in-group effect in multisensory emotion perception. Acoustical Science and Technology
  • Yamamoto HW, Haryu E. (2018) The role of pitch pattern in Japanese 24-month-olds’ word recognition. Journal of Memory and Language 99, 90-98
  • 田中章浩 (2018) 感覚器とコミュニケーション 日本薬学会会報「ファルマシア」2018.11月号: 1040-1044(依頼論文)
  • 田中章浩 (2018) クロスモーダルな情動知覚 映像情報メディア学会誌 72(1): 10-14(依頼論文)
  • 小手川正二郎 (2018) 「難民の倫理学―見ず知らずの難民に責任を負うべきなのか」 『情報文化論』13: 26-41
  • 小手川正二郎 (2018)「「男らしさ」(masculinities)の現象学試論――「男らしさ」の現象学はフェミニズムに寄与しうるのか?」 『國學院雑誌』119(12): 1-14
  • 河野哲也 (2017)「排除なき世界への倫理」『思想』1118: 55-57
  • 小手川正二郎 (2017)「子をもつことと親になること―「家族」についての現象学倫理学の試み」『倫理学論究』4(2): 23-33
  • Suzuki Y, Minami T, Nakauchi S. (2018) Association between pupil dilation and implicit processing prior to object recognition via insight. Scientific Reports 8: 6874.
  • Wilson DA, Tomonaga M. (2018) Visual discrimination of primate species based on faces in chimpanzees. Primates 59(3): 243-251.
  • Gao J, Tomonaga M. (2018) The body inversion effect in chimpanzees (Pan troglodytes). PLoS ONE, 13(10): e0204131
  • Matsuda S, Omori T, McCleery JP, Yamamoto J. (2019) Comparing Reinforcement Values of Facial Expressions: An Eye-Tracking Study. Psychological Record
  • Hashiya K, Meng X, Uto Y, Tajiri K. (2019) Overt congruent facial reaction to dynamic emotional expressions in 9–10-month-old infants. Infant Behavior and Development 54: 48-56.
  • Minami T, Nakajima K, Nakauchi S. (2018) Effects of Face and Background Color on Facial Expression Perception. Front Psychol. 9: 1012.
  • Wilson DA, Tomonaga M. (2018) Exploring attentional bias towards threatening faces in chimpanzees using the dot probe task. PLoS One 13(11): e0207378.
  • 松田壮一郎・山本淳一 (2019) 自閉スペクトラム症における他者感情認知障害へ対する行動的観点 哲学 143-162.

著書

  • 床呂郁哉・河合香吏編(2019)『ものの人類学2』京都大学学術出版会、298頁
  • Tokoro I, Kawai K. (eds.) (2018) An Anthropology of Things, Kyoto & Balwyn North Victoria: Kyoto University Press & Trans Pacific Press.
  • 床呂郁哉(編)(2019)トランスカルチャー状況下における顔・身体学の構築(第3回)シンポジウム報告書、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
  • 床呂郁哉・吉田ゆか子・吉田優貴(編) (2019) トランスカルチャー状況下における顔・身体(2018年3月国際ワークショップ・プロシーディングス)、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
  • 床呂郁哉(編)(2018)トランスカルチャー状況下における顔・身体学の構築(第2回)シンポジウム報告書、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
  • 吉田優貴 (2018) いつも躍っている子供たち―聾・身体・ケニア、風響社
  • Cohen D, Kitayama S. (2019) Handbook of cultural psychology, the 2ndedition. New York: Guilford Press.
  • 山口真美 (2018.7) 自分の顔が好きですか 韓国語版 돌베개
  • 山口真美 (2018.6) 自分の顔が好きですか 中国語版 机械工业出版社
  • 山口真美 (2018.10) 損する顔 得する顔 朝日新聞出版 255頁
  • 山口真美 (2017.11) 自分の顔が好きですか 台湾語版 大是文化
  • Otsuka Y. (2017) Chapter 11 Development of recognition memory for faces during infancy. in T. Tsukiura & S. Umeda (Eds.) Memory in Social Context: Brain, Mind, and Society, Springer, 207-225(分担執筆)
  • 山本寿子、田中章浩 (2019.3)「感情」 麦谷綾子(編著)音響サイエンスシリーズ21 『こどもの音声』、コロナ社
  • 田中章浩 (2018.7) 日本基礎心理学会(監修) 「視聴覚音声刺激を用いた実験基礎心理学実験法ハンドブック」、朝倉書店
  • 田中章浩 (2017.10)「トピック21 目は口ほどにものをいう?感情認知の文化差」 宮崎真・阿部匡樹・山田祐樹(編)「日常と非日常からみるこころと脳の科学」コロナ社 全198頁
  • Kono T (2018) The garden as a representation of nature: a space to overcome biocultural homogenization. In: Rozzi R, May RH Jr, Chapin FS III, Massardo F, Gavin M, Klaver I, Pauchard A, Nuñez MA, Simberloff D (eds) From biocultural homogenization to biocultural conservation. Ecology and ethics, vol 3. Springer, Cham, 459–474.
  • 河野哲也 (2019.3)『対話ではじめる子どもの哲学‐道徳ってなに?』全四巻 ①自分のぎもん(絵: はまのゆか)童心社
  • 河野哲也 (2019.3)『対話ではじめる子どもの哲学‐道徳ってなに?』全四巻 ②家族・友だちのぎもん(絵: こばようこ)童心社
  • 河野哲也 (2019.3)『対話ではじめる子どもの哲学‐道徳ってなに?』全四巻 ③社会のぎもん(絵: はまのゆか)童心社
  • 河野哲也 (2019.3)『対話ではじめる子どもの哲学‐道徳ってなに?』全四巻 ④命・自然のぎもん(絵: こばようこ)童心社

招待講演

  • Yoshida Y. Disabled Bodies and Humor: Two cases of Balinese comedy theater. UMS-TUFS Exchange Lecture on Culture and Society of Southeast Asia (Universiti Malaysia Sabah, 2019.3.13)
  • 高橋康介 顔・パレイドリア・文化 KG-RCSP合同ゼミ(関西学院大学、2018.3.8)
  • 島田将喜・高橋康介・大石高典・錢琨 フィールドワーカーから見た心理学実験と実験心理学者から見たフィールドワーク KG-RCSP合同ゼミ(関西学院大学、2018.3.8)
  • 高橋康介 顔認知における感性情報処理 第17回感性学研究会 (九州大学箱崎キャンパス2018.1.18)
  • Shinobu Kitayama, Keynote address. Kellogg Culture and Negotiation Conference. (Northwestern University, 2018.4)
  • 山口真美 赤ちゃんの視覚と脳の発達 第26回自然科学研究機構シンポジウム「超越への挑戦」(国際交流会議場、2018.12.8)
  • 山口真美 赤ちゃんの発達 第41回日本美容外科学会総会 (品川、2018.10.24)
  • 山口真美 個性と身体表現の創発に関わる神経機構 第36回日本小児心身医学会学術集会 (広島県医師会館、2018.9.7)
  • 山口真美 Infants' visual brain 中国小児科学術大会 (蘇州、2017.10.20)
  • 山口真美 世界理解の新しい試み-質感の科学から- 認知科学会サマースクール (立命館大学、2017.8.31)
  • 山口真美 赤ちゃんの視覚と脳 東京都盲学校夏季専門研修会 (東京、2017.8.2)
  • 田中章浩 円滑なコミュニケーションを進めるための感情認知と多様性 第22回労働PEN究会(労務行政研究所、2019.3.29)
  • 田中章浩 顔と声による情動の多感覚コミュニケーション 第81回メンタルコンシェルジュセミナー(慶應丸の内シティキャンパス、2019.1.22)
  • 田中章浩 感情の多感覚コミュニケーション 教育認知心理学演習講演会(京都大学教育学部、2018.6.29)
  • Kono T, Research Project presentation and discussion: Construction of the Face Body studies in transcultural conditions, KAL Workshop: Body matters, The Many faces of Embodied Cognition (East China Normal University, 2018.8.23)
  • Kotegawa S, Phenomenology of Masculinities: Can the Phenomenology of Masculinities Contribute to Feminism? Nordic Society for Phenomenology (University of Gdańsk, 2018.4.20)

シンポジウム

  • 国際シンポジウム「イレズミ・タトゥーと多文化共生 −「温泉タトゥー問題」への取り組みを知る」(山本公募班主催、新宿、2019.3.30)
  • 哲学班シンポジウム「インゴルドと「あいだ」」(立教大学、2019.3.24)
  • ラウンドテーブル「「かわいい」の進化と文化」日本発達心理学会(早稲田大学、2019.3.19)
  • 国際シンポジウム「トランスカルチャーとは何か?心理学と哲学の協働」(東京、2019.3.2-3)
  • 第3回AA研公開シンポジウム「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築」(東京外国語大学、2018.11.25)
  • 中央大学人文科学研究所共催シンポジウム(中央大学駿河台記念館、2018.11.22)
  • ショーン・ギャラガー招聘シンポジウム「匿名の視線と自己の成立」(中央大学駿河台記念館、2018.11.12)
  • 日本心理学会大会シンポジウム「顔魅力の心理学」(仙台、2018.9.25)
  • フォーラム顔学 2018 顔身体学シンポジウム(明治大学中野キャンパス、2018.9.1)
  • シンポジウム「差別と人種の現象学」(立教大学、2018.8.25)
  • 国際シンポジウム「人と人の間にあること:協調と競合の対人間ダイナミクス」(東大駒場、2018.8.22)
  • ムスリム女性のヴェールをめぐる学際研究 (立教大学、2018.8.21)
  • Kono T, Kotegawa S, TRANS-CULTURAL PHENOMENOLOGY OF RACE, 24th World Congress of Philosophy, (China National Convention Center, 2018.8.14)
  • 山口真美・渡邊克巳・田中章浩「ヴァーチャル世界でワタシはどうなる?」(日本科学未来館、2018.7.29)
  • 日本神経科学大会企画シンポジウム「個性と身体表現の創発に関わる神経機構」(神戸、2018.7.26)
  • 哲学班・人類学班合同公開WS「身体的経験をめぐる人類学と現象学からのアプローチ―不完全な身体、人種と身体、妊娠期の身体の事例から」(立教大学、2018.5.19)
  • 公開シンポジウムと B.アンドリュー講演会「間とあいだの比較現象学」(立教大学、2018.3.13-14)
  • 日本視覚学会2018年冬季大会大会企画シンポジウム「多文化をつなぐ顔と身体表現」(新宿、2018.1.18)
  • 第2回AA研公開シンポジウム「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築」(東京外国語大学、2017.12.2)
  • キックオフシンポジウム(関東)(東京女子大学、2017.9.11)
  • キックオフシンポジウム(関西)(関西学院大学、2017.9.10)
  • 国際理論心理学会における顔身体シンポジウム(立教大学、2017.8.24)

受賞

  • 高橋康介 (2018) The Young Psychonomic Scientist of the Year
  • 河野哲也 (2018) アジア・テレビ賞 (Asian Television Awards) ファイナリスト
  • 山田祐樹 (2018) 日本心理学会国際賞奨励賞
  • 河原美彩子・山本寿子・田中章浩 (2018) 日本心理学会第 82 回大会優秀発表賞
  • 氏家悠太 (2018) 平成30年度発達科学研究教育奨励賞
  • 中島悠介 (2018)日本基礎心理学会第 37 回大会若手オーラルセッションファイナリスト
  • 高橋康介 (2018)日本基礎心理学会第 37 回大会若手オーラルセッションファイナリスト
  • 佐々木恭志郎 (2018) 日本基礎心理学会第 37 回大会若手オーラルセッションファイナリスト
  • 楊 嘉楽 (2018) 日本基礎心理学会第 37 回大会若手オーラルセッションファイナリスト
  • 河原美彩子・山本寿子・田中章浩 (2018) 第8回 Society for Tokyo Young Psychologists優秀発表賞
  • Shinobu Kitayama (2017) Distinguished achievement award for advancing cultural psychology, Society for Personality and Social Psychology
  • 中村航洋 (2017) 日本基礎心理学会優秀発表賞
  • 小林 恵 (2017) 日本基礎心理学会優秀発表賞

新聞報道・メディア・アウトリーチ等

  • 山口真美 TBSラジオ「アフター6ジャンクション」に出演。アカデミックな「顔」についてのトーク(2019.2.5)
  • Mom, I can't recognize your face from profile view (EurekAlert! 2018.12.6)
  • 山口真美 横顔を見る力は、正面顔より後に速く発達~赤ちゃんの顔認知の発達を縦断的研究から明らかに~(日本経済新聞、2018.12.5)
  • 山口真美 「なぜ、日本人はサングラスの人に警戒心を持つのか?」(AERA.dot、2018.11.14)
  • 山口真美 「赤ちゃんも顔から印象が分かることが明らかに」 ~論文が学術雑誌「PLOS ONE」に掲載~ 実践女子大学(Digital PR Platform)(デジタル毎日 2018.9.7)
  • 山口真美 インタビュー記事掲載 『おじさんを美少女化したテクノロジー 先端心理学が語る「VRの世界」』(withnews(ウィズニュース) 2018.4.1)
  • 山口真美 NHK総合「(^○^)顔面白TV」に出演(NHK総合1 2017.7.18 PM10:25~11:15)
  • 山本芳美 大阪タトゥー裁判の記事にコメント掲載(読売新聞朝刊(大阪本社管内版)2018.11.15)
  • 山本芳美 「入浴施設のタトゥーは是か非か「公平にすべき」「落ち着かず不愉快」W杯や五輪・・・外国人増で“タブー”に切り込む施設も」コメント掲載(産経新聞 2018.10.27)
  • 山本芳美 朝日新聞デジタル記事(リレーおぴにおん)「維新150年:第4回 刺青認めぬ現代の息苦しさ」コメント掲載(朝日新聞デジタル 2018.4.3)
  • 高橋康介 先端人「これ笑顔?世界で探る」(朝日新聞 2019.1.20)
  • 河野哲也・高橋康介・島田将喜 第3回顔身体カフェ 「顔を描く・顔を描かれる・顔を知る」(代々木 2018.11.4)
  • 高橋康介 認知心理学者のタンザニア滞在記(心理学ワールド81、2018)
  • 島田将喜 「MWCS活動報告 カトゥンビ小学校で環境教育を行ってきました」(マハレ珍聞32号、2018)
  • 島田将喜 「第10回心理学者を実験室から連れ出しマハレへ」(マハレ珍聞31号、2018)
  • 高橋康介マハレ珍道中 第9回 帰路、一人旅、ムガンボ村にて船を待つ (マハレ珍聞30号、2017冬)
  • 田中章浩 トークイベント開催「読みとれていますか?相手のほんとうの気持ち」(日本科学未来館 2019.4.14)
  • 田中章浩 ワークショップ開催「わかるかな?人間の気持ちとロボットの気持ち」(日本科学未来館 2018.11.4)
  • 田中章浩 「Haptic Design Meetup vol.7 Haptic × (Kids) Design(トークイベント)」@FabCafe MTRL (2018.9.7)
  • 田中章浩 「ワークシーンで実践!印象アップの声の使い方講座」(ELLE ONLINE/CULTURE、 2018.5.4)
  • 河野哲也・永井玲衣 「トークセッション「哲学対話」作品を見てみんなで話し合おう!」(『八色の森の美術展:ことの葉のかなたへ』実行委員会発行、110-113頁、2019.3)
  • 河野哲也(司会)、永井玲衣・古賀裕也・得居千照(ファシリテータ)第2回顔身体カフェ(金沢21世紀美術館、2018.1.20-21)
  • 河野哲也(司会)、山口真美(スピーカー)、永井玲衣(ファシリテータ)、第1回顔身体カフェ(代官山クラブヒルサイドサロン、2017.12.23)
  • 河野哲也(監修)NHK Eテレ「Q〜こどものための哲学」、第16-20回(2019.3.25-29)
  • 河野哲也(監修)NHK Eテレ「Q〜こどものための哲学」、第11-15回(2018.8.6-10)
  • 河野哲也(監修)NHK Eテレ「Q〜こどものための哲学」、第6-10回(2017.12.25-29)